• ホーム
  • 診療科目
    • 一般歯科
    • 審美治療
    • 歯周病治療
    • ホワイトニング
    • 予防治療
    • 矯正歯科
    • 小児歯科
    • 入れ歯・インプラント
  • 初めての方へ
  • 院長・スタッフ
  • 設備紹介
  • 医院案内・アクセス

インプラント埋入におけるCTデータによる解析能力

インプラント埋入におけるCTデータによる解析能力

ソフトにかけるとCTデータもこのようにきれいに見えます

側面からも

無歯顎のためステントの造影剤入りの人工歯が歯らしく反映されています

肝心な骨はかなりないのが分かります

実際に欲しい歯の部分とは大きくかけ離れ

歯の下には骨がありません

歯牙を見やすくしたモードです

骨内も透けて見えます

顎骨内も透けています

セファロモード

軟組織まで反映されているところがすごいです

矯正の分析にはドルフィンと呼ばれるソフトを用いて

分析を行います

側面から

上が普通に撮れるセファロです

下がCTによる解析です軟組織も見やすいのが分かります

1回の歯科用CTにてどちらの表現も可能です

CT事態の能力は大きく臨床を左右すると感じます