• ホーム
  • 診療科目
    • 一般歯科
    • 審美歯科
    • 歯周病治療
    • ホワイトニング
    • 予防歯科
    • 矯正歯科
    • 小児歯科
    • 入れ歯・インプラント
  • 初めての方へ
  • 院長・スタッフ
  • 設備紹介
  • 医院案内・アクセス

矯正歯科

矯正歯科について

安佐南区の歯医者「こころ歯科クリニック」では、月に3回程度矯正専門医が診療を担当しており、小児矯正治療や成人向け矯正治療を行っています。患者さんのご希望やご予算などに応じた治療方法をご提案していますので、歯並びや咬み合わせに不満を感じている方は、一度ご相談ください。

当院では矯正の専門医による矯正治療を行っています

当院では矯正の専門医をお呼びし、矯正治療を行っていますので安心して治療をお受けいただけます。また、矯正の相談も随時行っていますので、お子さんの歯並びが気になるなどありましたらご相談ください。

歯並びの悪さが及ぼすリスク

歯並びや咬み合わせの乱れは、見た目に影響を及ぼすだけではありません。以下のようなさまざまな悪影響を及ぼすリスクがあるのです。

虫歯や歯周病 歯が凸凹に生えているとブラッシングがしにくくなり、食べカスが口腔内に残りやすくなります。残った食べカスが、虫歯や歯周病の原因となります。
口臭 ブラッシングがしにくくなりプラークや歯石がお口の中にたまりやすくなります。それが原因で細菌が繁殖し、口臭の原因となります。
消化不良 咬み合わせが悪く食べ物をしっかり咬めなくなると、消化不良が起こります。そして、胃腸に負担がかかる場合があります。
頭痛や肩こり 均等に咬むことができず、片側の顎や首、肩に負担がかかると骨格や筋肉のバランスが乱れてしまいます。これが、頭痛や肩こりなどの症状につながります。
発音障害 歯と歯の間から空気が漏れたり、正しい舌の動きができなかったりすると発音がうまくできなくなる場合があります。

矯正治療は見た目を改善できるだけでなく、虫歯や歯周病の予防、全身の健康維持につながります。さまざまな悪影響が出る前に歯並び、咬み合わせでお困りの方は、早めにご相談ください。

不正咬合の種類について

以下は、歯並びや咬み合わせが乱れている代表的な症状です。ご自分やお子さんの歯並びに近いものがないか、確認してみましょう。

上顎前突/じょうがくぜんとつ

一般に「出っ歯」と呼ばれます。上顎や上の歯が、下顎や下の歯に比べて出ている状態です。

下顎前突/かがくぜんとつ

「反対咬合」とも呼ばれます。下の歯が前に突き出ており、下の歯が上の歯を覆うような咬み合わせになります。

叢生/そうせい

「乱ぐい歯」「八重歯」とも呼ばれます。歯が重なり合い、凸凹に生えます。顎の大きさに比べて歯が大きすぎるか、顎が小さく歯が並ぶスペースが足りないことが原因です。

開咬/かいこう

奥歯を咬んだときに前歯が咬み合わず、口を完全に閉じることができません。食べ物をしっかり咬み切ることができません。

交叉咬合/こうさこうごう

咬み合わせが互い違いになっている状態です。左右いずれかの奥歯や前歯がずれていることで起こります。

過蓋咬合/かがいこうごう

奥歯を咬んだときに、上の歯列が下の歯列に大きく覆いかぶさるような深い咬み合わせの状態です。

矯正治療の流れ

当院では矯正治療を、矯正歯科専門医(歯学博士・日本矯正歯科学会認定医)が行っています。患者さんのご負担を最小限に抑えつつ、高度かつ最新の治療をご提供します。

ステップ1:初診相談
まず現在の歯並びについてのお悩みを伺ったうえで口腔内を診察し、問題点を洗い出します。ここでおおまかな治療方針や期間、また費用についてご説明します。
ステップ2:検査
治療に必要な精密検査(歯型の採取、レントゲン、写真撮影など)を行い、治療方針を決定します。治療内容については、患者さんと十分に話し合ったうえで決めていきますので、ご安心ください。
ステップ3:装置装着
矯正装置を装着し、治療開始となります。治療期間中は、おおよそ1~3ヶ月に1回のペースで、装置の調整にお越しいただきます。
ステップ4:保定
歯並びが改善されたら装置を外して治療は一応終了となりますが、歯並びが元の位置に戻るのを防ぐために保定装置を装着します。保定期間中も1~6ヶ月に1回程度は、フォローアップのためにご来院いただきます。保定期間は5年程度となりますが、その後も装置を使い続けることをおすすめします。

矯正治療メニュー

メタルブラケット

もっとも一般的なブラケットで、歯にブラケット(留め具)を装着し、そこにワイヤーを通して歯を動かしていきます。あらゆる症例に対して適応可能です。

クリアブラケット

歯にブラケットを装着し、そこにワイヤーを通して歯を動かしていく矯正装置です。透明なワイヤーとブラケットを使うため、装置が目立たず気付かれにくいというメリットがあります。仕組みや得られる効果は、メタルブラケットと同じです。

床矯正

一般的に子どもの矯正に使われる矯正装置です。成人の場合には、後戻りを防ぐための保定装置として使われます。取り外し可能な装置であり、食事中やブラッシング時などに一時的に外すことが可能です。

部分矯正

軽度の出っ歯など、前歯のちょっとした凸凹に対して、部分的に矯正する方法です。費用も少なく済み、期間も短縮できます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明の樹脂で作られたマウスピースを使って、歯並びを整えていきます。透明なため、付けていてもほとんど目立たないのが特徴です。また取り外しができるため、お食事やブラッシングの際にもジャマになりません。

MTM(部分矯正)

歯並び全体ではなく、一部分だけを動かしたい場合に行う矯正治療。対象の箇所を一部分にかぎることで、治療期間を大幅に短縮することが可能です。

リンガルアーチ

装置を歯の表面ではなく、裏側(舌側)に取り付けて歯を動かしていく装置。目立たないのが特徴です。

当院の矯正治療・料金(概略)

基本料金
1回目:矯正相談 3,000円
2回目:検査診断料 63,000円
(基本検査料 43,000円+診断料 20,000円)
来院ごと:動的処置料
または 観察料
4,500円
2,000円
矯正インプラント 1本10,000円~

※税抜き価格になります。

お子さんの矯正治療
I期治療(小学校低学年から高学年、永久歯が生えそろうまで) 200,000円
II期治療(必要な場合のみ、中学生以降、永久歯がほぼ生えそろってから開始) 300,000円~500,000円

※税抜き価格になります。

症例紹介

前歯部反対咬合

前歯部反対咬合

前歯部反対咬合

前歯部反対咬合

前歯部叢生、一部逆被蓋

前歯部叢生、一部逆被

前歯部叢生、一部逆被

前歯部叢生、一部逆被

下顎前突 非抜歯

下顎前突 非抜歯

下顎前突 非抜歯

下顎前突 非抜歯

上顎前突叢生 上下抜歯

上顎前突叢生 上下抜歯

上顎前突叢生 上下抜歯

上顎前突叢生 上下抜歯

予防歯科はこちら
歯の残すための予防歯科、
当院の予防歯科メニューをご紹介しています。

診療予約はこちらから

当院は患者さまをお待たせしないために
予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

  • tel:0120-13-5988
  • Web診療予約

診療時間:平日 9:30~13:00/14:30~19:00
土曜日 9:00~13:00/14:30~17:00
休診日:木曜午後・日曜日・祝日