• ホーム
  • 診療科目
    • 一般歯科
    • 審美治療
    • 歯周病治療
    • ホワイトニング
    • 予防治療
    • 矯正歯科
    • 小児歯科
    • 入れ歯・インプラント
  • 初めての方へ
  • 院長・スタッフ
  • 設備紹介
  • 医院案内・アクセス

歯科用コーンビームCTによる顎骨の審査に始まり、埋入まで

歯科用コーンビームCTによる顎骨の審査に始まり、埋入まで

埋入時のctのパノラマレントゲンになります

埋入後を見ていただくと距離もないことがわかります

10mmのインプラントでもギリギリのところかと思います

埋入前のCTの審査になります

これと術中の審査のCTがすべてです

抜歯即時で行うと大穴が開いている状況なので、基準となる骨の位置が分かりにくいです

最初のラウンドドリリングのラウンドバーにて下顎管の距離を測る

CTを取ります

埋入後のCTになります

動脈性の出血もなく神経には障害がありませんが、

距離がないことがわかります

わずか1mm、2mmの世界の勝負なためいつもいい緊張感

にて行っています

埋入前と後のセファロ像になります