• ホーム
  • 診療科目
    • 一般歯科
    • 審美治療
    • 歯周病治療
    • ホワイトニング
    • 予防治療
    • 矯正歯科
    • 小児歯科
    • 入れ歯・インプラント
  • 初めての方へ
  • 院長・スタッフ
  • 設備紹介
  • 医院案内・アクセス

8年かかった外傷による歯牙破折の治療   外傷当時は8歳でした  最終セラミックを入れるまではハイブリッド冠にて萌出を待ち、その後17歳になった時にセラミックを最終的に入れて予後を確認し、治療を終えました

8年かかった外傷による歯牙破折の治療   外傷当時は8歳でした  最終セラミックを入れるまではハイブリッド冠にて萌出を待ち、その後17歳になった時にセラミックを最終的に入れて予後を確認し、治療を終えました

外傷により歯にひびが入った状態にて来院されました

レントゲンになります

歯冠部の破折片を除去するとこのような状態でした

神経も大きく出ていて、破折部位が歯肉縁下深いところが問題でした

正面から見るとこのような状態でした

適切な処置を行わないと助からない歯だと感じました

まず根幹治療を行っていきます

支台築造も行った状態になります

ハイブリッドクラウンを入れて8年後になります

根の吸収もなく良い状態です

最終的にセラミッククラウンを入れていきました

このように歯が綺麗に入り尾ました