• ホーム
  • 診療科目
    • 一般歯科
    • 審美治療
    • 歯周病治療
    • ホワイトニング
    • 予防治療
    • 矯正歯科
    • 小児歯科
    • 入れ歯・インプラント
  • 初めての方へ
  • 院長・スタッフ
  • 設備紹介
  • 医院案内・アクセス

切歯管嚢胞にて耳鼻科からの紹介  大学病院へとも紹介したのですが、このまま経過観察とのこと  2年後にはこれは消失しました

切歯管嚢胞にて耳鼻科からの紹介  大学病院へとも紹介したのですが、このまま経過観察とのこと  2年後にはこれは消失しました

上顎の口蓋にそれは存在しました

これが正中口蓋嚢胞になります

血液で満たされています

朝になるとぷくっと腫れ始めるとのことをおっしゃっていました

前歯にわたり楔状欠損がすごい方で厳格な方で1日5回は歯磨きをするとのこと

ブラッシング圧、かみしめが強いの委が原因だと感じました

下前歯は連結クラウンにて対応していきます

正中口蓋嚢胞歯顎骨内に大きく存在し、内容物が血液で手が出せれない

と判断しました

全学的にプラークコントロールを薦めるとともにまた摩耗しないよう

修復処置を行っています

このように修復しています

最後はマウスピースにて処置がメンテナンスへと切り替わります